Columnコラム

RELIVE吉祥寺のスタッフが、薄毛をカバーするカットやスタイリングのコツを紹介しています。

前髪の薄さをカバーするベリーショートスタイル

今回のモデルさんは、AGAの進行によって伸びた髪と伸びていない髪が混ざって、まとまりにくくなっていました。

生え際が薄くなってきているため、前髪を下ろすと前髪がすだれのようになってしまいます。

そこで、前髪を下ろしてもすだれ感が出ないヘアスタイルを作っていきます。まとまりやすい長さに調整することでセットもしやすくなります。

 

次の写真がビフォーアフターです。

前髪の分け目を無くしたため、生え際の薄さが気にならなくなりました。

以前は頭頂部にボリュームがなく、横が広がってバランスも悪くなっていました。ところが、今回のカットで全体のシルエットが縦長になり、ボリュームがしっかり出るようになりました。

セットに使用したものはパウダーシェイクとワックスです。

濡れた状態からパウダーシェイクをつけることで、髪の毛を持っていきたい方向にクセづけすることができます。

ドライヤーで右から左、左から右へと交互に分け目を作らないように乾かしていきます。こうすると前髪がM字部分に集まり、左右に分かれるのを防ぐことができます。

頭頂部もボリュームが出るため、全体のバランスが良くなりました。

パウダーシェイクを使うと乾かすだけでスタイリングできます。ただ、白髪はパサついて見えやすいので、少量のワックスも使って整えていきます。

ワックスをつける順番は「毛髪のボリュームが多いところ」→「薄毛が気になるところ」です。

通常、横と後ろはボリュームが多いので1番最初にワックスを付けることになります。

ワックスを正しく使えば、ボリュームが出過ぎるのを抑えることができます。

頭頂部と前髪は薄さが気になりやすい部分です。

このような部分には、根本にワックスが付いてしまうと割れの原因になるため、付かないように注意してスタイリングしていきます。

頭頂部は表面を撫でるように付けて、前髪は毛先だけつまんでまとめるように付けるのがコツです。

根本を触ってしまうと割れの原因になるので注意です。

今まで左右に分けていた髪型でしたが、今回とカットとスタイリングで見違えるようになりました。

オシャレにかっこよくためには、薄毛を目立たなくするだけでなく、その人にあった髪型をデザインすることが大切です。

薄毛にお悩みの方はぜひイメージチェンジを検討してみてください。

薄毛専門美容室 RELIVE 栗田

▼関連記事

【30代の薄毛】前髪のM字割れを目立たなくするドライヤーの方法とは??

薄毛でも自然なボリュームを出しやすいスタイリング剤「資生堂パウダーシェイク」

薄毛専門美容師が選ぶ、薄毛におすすめのワックス4選



RELIVE吉祥寺について


RELIVE吉祥寺は、薄毛などの毛髪に悩みを抱える男性のための完全個室美容室です。専門的な技術を持った美容師が、お客様に合わせた薄毛に見えないヘアスタイルのご提案や、セットのアドバイスを行っています。カウンセリングから施術、お会計までプライベートな個室で行うため、人目を気にせず安心して過ごしていただくことができます。

次の予約ページよりWeb予約が可能です。

次のページからもお問い合わせ・ご予約できます。お気軽にご連絡ください。

関連記事

コラム

RELIVE髪型相談

LINEを通じて、RELIVEのスタッフに無料で髪型の相談をすることができます。
次のLINEアカウント「RELIVE髪型相談」よりご連絡ください。

RELIVE吉祥寺の公式YouTube

お問い合わせ・ご予約