Columnコラム

RELIVE吉祥寺のスタッフが、薄毛をカバーするカットやスタイリングのコツを紹介しています。

【30代の薄毛】前髪のM字割れを目立たなくするドライヤーの方法とは??

こんにちは、益満です。

今回のモデルは30代の男性です。前髪を下ろすとM字に割れて、すだれ感が出てしまいます。

M字の原因はいくつかあります。

AGAが影響してM字が深くなってきている。

・前髪が伸びて前髪に隙間が出るようになった。

・前髪〜頭頂部にかけてレイヤー(段)が入っている。

・前髪〜頭頂部にかけてセニング(スキばさみ)が入れられている。

など・・・

今回は具体的にどういうスタイルにすればいいかをご紹介します。

モデルさんの年代は30代になります。20代から前髪の薄毛が気になっているそうです。

普段は薄毛が気になり帽子生活を送ってるいます。

30代の男性ですと、基本的にはスーツに似合うヘアスタイルをお勧めしています。

スーツに似合うヘアスタイルというと様々な髪型がありますが、今回は「アップバング」というスタイルにさせていただきました。

このように前髪を上げるだけでも雰囲気が変わり薄毛に見えにくくなります。

センターの部分はしっかり立ち上げ、M字の部分は下ろすスタイルです。

美容室ではうまくいっているのに自宅でセットするとうまくいかないという方が多いと思います。

セットの仕方でだいぶ違った髪型になってしまうので、しっかり復習していきましょう。

①髪の毛をしっかり濡らす。時間がなければ前髪だけでもいいので濡らす。

まず、朝にセットするとき髪の毛を濡らして「リセット」する必要があります。これは一番大事な工程です。

濡れている髪を乾かすことによって形をつけることができます。濡らすことにより寝癖もリセットすることができます。

特に軟毛の人は必ず濡らしてくださいね。

リセットしたらドライヤーをかけていきましょう。

②前髪の「上げる部分」から乾かす。下から上に乾かして根元を立ち上げる。

濡れている状態から乾かし、形をつけていきます。アップバングで大切なのは前髪の真ん中をしっかり上げることです。

ドライヤーを下から当てて前髪の真ん中を立ち上げていきましょう。

③前髪が乾いたら全体を乾かす。※前髪の上げない部分の乾かし方は要注意

今度は前髪以外の部分を下ろして乾かしていきます。

前髪サイドは特に下ろすように注意して乾かしましょう。ここが上がってしまうとM字の部分がより強調されるようになってしまいます。

図の赤丸部分は特に下ろして乾かしてください。

全体の乾かし方は同じ方向からドライヤーを当てすぎず、右から、左から、満遍なく乾かしてつむじから放射線状に乾かしましょう。分け目がつかないことが大事になります。

仕上げはワックスやスプレーをつけて固めてあげます。

スタイルをキープするにはワックスやスプレーをつけることは大事ですが、スタイリングで一番大事なのはドライヤーです。ドライヤーをしっかりかけて【割れない前髪】を目指しましょう!

また、どうしても皆さん短く切るのに抵抗があると思うのですが、短く切って前髪を上げることによって清潔感が出たり印象が変わってきます。

M字部分がどのくらいの薄毛具合かによって出来る髪型・できない髪型が決まってくるのでご相談ください。

M字にお悩みの方はこちらもお読みください。

すだれ前髪・M字部分の透けをカットで解消する方法!

M字ハゲはここを伸ばせばカバーできる!!

M字の薄毛カバーするベリーショートスタイル!!

薄毛専門美容室 RELIVE 益満



RELIVE吉祥寺について


RELIVE吉祥寺は、薄毛などの毛髪に悩みを抱える男性のための完全個室美容室です。専門的な技術を持った美容師が、お客様に合わせた薄毛に見えないヘアスタイルのご提案や、セットのアドバイスを行っています。カウンセリングから施術、お会計までプライベートな個室で行うため、人目を気にせず安心して過ごしていただくことができます。

次の予約ページよりWeb予約が可能です。

次のページからもお問い合わせ・ご予約できます。お気軽にご連絡ください。

関連記事

コラム

RELIVE髪型相談

LINEを通じて、RELIVEのスタッフに無料で髪型の相談をすることができます。
次のLINEアカウント「RELIVE髪型相談」よりご連絡ください。

RELIVE吉祥寺の公式YouTube

お問い合わせ・ご予約