Columnコラム

RELIVE吉祥寺のスタッフが、薄毛をカバーするカットやスタイリングのコツを紹介しています。

薄毛の人がパーマをかける際の注意点

薄毛の場合パーマをかけるとボリュームアップしたり、毛量を多く見せて地肌を目立たなくさせることができます。

パーマには大きく分けて2種類あり、1つははイメージは変えずにセットをやりやすくするパーマ。もうひとつはウェーブを出したり、質感を変えるデザインを変えるパーマです。

どちらも薄毛をカバーすることは可能になりますが、デザインを変えるパーマはそれにあったセットが必要になるので、理想の髪型がある時には先にセット方法を聞いておくと良いです。

それを聞かずにパーマをかけてしまうと、ご自宅でのセットができず、より薄毛が目立ってしまう可能性があるので注意が必要です。

今回ご紹介するヘアスタイルは一つ目のセットを楽にするパーマをご紹介します。

こちらのモデルさんはくせ毛で髪の毛に動きがあるものの、前髪や頭頂部にボリュームがなくぺたっとした印象です。

カットをしてバランスを整えて、ボリュームを出したいところをメインにパーマをかけていきます。

日本人特有の絶壁な後頭部にボリュームが出るようにします。

こちらがパーマをかけ終わったあとの濡れた状態です。

見ていただくとわかりますが、つむじの部分が透けずにボリュームを出すことができました。

頭頂部の薄毛が気になる方もそうですが、つむじの位置が真ん中にある方は、何もせずにパカっと割れてしまうことが多いです。

それをカバーするためにパーマかけて毛流れを変えてあげることも可能になります。

乾かした後の状態がこちらになります。

つむじに向かって左側から髪の毛が流れているので、ボリュームとつむじ割れがない状態になりました。

前から見た状態も自然なボリュームがでるようになりました。

この様にいかにもパーマをかけた感じを出さずに、自然にセットが楽になるようなパーマをかけることもできます。

初めてパーマをかける方は、少し髪質が変わるだけでもセットのしやすさが一段と変わります。

かけすぎてしまうと、イメージが変わりすぎてしまいセットがやりずらくなったり、周りから見たときに髪型の変化によって、より髪の毛に目線がいってしまいます。

初めてパーマかける方は、いつものセット方法や仕上がりのイメージをしっかりと美容師さんに伝えると良いです。

そしてパーマをかけた髪の毛で日々セットをしてみて、もし扱いやすければパーマの持ちを良くするために次回は少し強めになどと、少しずつ理想の髪型に近づけて行くと失敗は少なくなります。

薄毛にパーマをかける注意点をまとめると

  • パーマが初めての場合弱めにかける
  • 美容師さんのお任せにはせずに相談する
  • 完成のイメージを伝える

これらを踏まえた上で本当にパーマが必要か、どういったパーマが自分には合っているかを決めると失敗を防げると思います。

パーマをかける際に参考にしてみてください。

薄毛専門美容室 RELIVE

 M字のカバー、トップのボリューム調整を楽にするパーマスタイルのスタイリングを解説

 薄毛専門美容師が選ぶ|M字ハゲに似合う髪型

 薄毛専門美容師が選ぶ、薄毛におすすめのワックス4選



RELIVE吉祥寺について


RELIVE吉祥寺は、薄毛などの毛髪に悩みを抱える男性のための完全個室美容室です。専門的な技術を持った美容師が、お客様に合わせた薄毛に見えないヘアスタイルのご提案や、セットのアドバイスを行っています。カウンセリングから施術、お会計までプライベートな個室で行うため、人目を気にせず安心して過ごしていただくことができます。

次の予約ページよりWeb予約が可能です。

次のページからもお問い合わせ・ご予約できます。お気軽にご連絡ください。

関連記事

コラム

RELIVE髪型相談

LINEを通じて、RELIVEのスタッフに無料で髪型の相談をすることができます。
次のLINEアカウント「RELIVE髪型相談」よりご連絡ください。

RELIVE吉祥寺の公式YouTube

お問い合わせ・ご予約