RELIVEリライブ

RELIVEは、薄毛に悩む男性のための完全個室美容室です。

つむじ割れをカバーするセット方法

今回は、つむじ割れをカバーするカットと、セット方法についてご紹介します。

モデルさんは、抜け毛が多いことと、頭頂部のボリュームが少ないことにお悩みでした。

つむじ部分の薄毛が気になる場合、分け目の位置を変えることでつむじが目立たなくなり、ボリュームを出すことができます。

疑似的なつむじを作るイメージです。

今回のモデルさんの場合は、もう少し右から左に分けるように分け目を変えて、カットしていきます。

全体のカットが終わった状態がこちらです。

頭頂部のつむじ部分は、いつも通りの自然な分け目だとこのあたりになります。

なにもせず自然に乾かすと、いつものつむじ部分で分かれてしまうので、乾かすときにもう少し右から左に流れるように乾かしていきます。

ドライヤーをかけるときは、流したい方向に向かって風を当てます。

側頭部はボリュームを抑えるように上から風を当てていきます。

側頭部のボリュームを抑えることで頭のシルエットが縦長に見え、頭頂部のボリュームアップにつながります。

前髪は流したい方向に毛先を向けて、手を添えながら風を当てていきます。

乾かし終わった状態がこちらです。

今回使用するスタイリング剤は、エレベートの10Fです。

手のひらや指の間に、まんべんなく伸ばしてから髪の毛につけてください。

まず、さきほど作った疑似的なつむじに向かって髪の毛を寄せつつ、中間から毛先にワックスを付けるようにしていきます。

そのときに、前髪にワックスが多く付着すると束になりすぎて、ベタっとした印象になってしまいます。

なので、前髪のこのくらいの範囲には、ワックスをつけないようにしてください。

そのあとに擬似的なつむじから、手を左右に動かしながら下に落とすようにしていくと、全体的にワックスをつけることができます。

前髪は後から裏から薄くつけるようにしていきます。

最後に頭頂部の髪の毛を指先でつまんで、根元のほうに軽く動かすことで、よりボリュームを出すことができます。

セットが終わった状態がこちらです。

頭頂部は疑似的なつむじを右に作っています。

右から分けることによって頭頂部にボリュームが出ています。

さらに、頭頂部にボリュームが出たので、両サイドが凹んで見えて、綺麗なひし形のシルエットになっています。

後ろから見た時も頭頂部のつむじが目立ちにくくなりました。

今回は、つむじ割れをカバーするカットとセット方法についてご紹介しました。

同じようなお悩みや髪質をお持ちの方は参考にしてみてください。

薄毛専門美容室 RELIVE

 つむじ割れを防ぐドライヤーのかけ方

 つむじ割れを防ぐアップバングヘア

 薄毛専門美容師が選ぶ、薄毛におすすめのワックス4選



RELIVEについて


RELIVEは、薄毛などの毛髪に悩みを抱える男性のための完全個室美容室です。専門的な技術を持った美容師が、お客様に合わせた薄毛に見えないヘアスタイルのご提案や、セットのアドバイスを行っています。カウンセリングから施術、お会計までプライベートな個室で行うため、人目を気にせず安心して過ごしていただくことができます。

次のページからお問い合わせ・ご予約できます。お気軽にご連絡ください。

2023年9月1日にRELIVE大宮店がオープンしました。次のページより予約・お問い合わせを受け付けています。

関連記事